浅間温泉と所縁の深い川島芳子、その4。動画付き

近所のスターバックスラインナップ「バニラフラペチーノ」がいつの間にか裏メニューになり、一層購買意欲が刺激された甘党専務ですこんばんは。勝手ながら、更新したい!と思っている記事が山のように溜まっており現在多少辟易中。。。6月中に沢山お寄せいただいた【小柳旅絵日記】だったり新サービスの内容詳細だったり。。。後手に廻るのは性格です。少しずつ更新しますので予めご了承下さいませ。 

さて7月一発目の記事、上記タイトルから更新することにします。昨日「松本市歴史の里」さんを訪問。目的は川島芳子所縁の展示品コーナー。目的はズバリ【浅間温泉及び当館小柳と深い所縁がある川島芳子】展示品リサーチでございます。

resize0174.jpg

ふらっと立ち寄った私を快くお迎え下さった館長M氏及び沢山の情報や貴重な資料を惜しげもなく下さったU氏にこの場をお借りして御礼申し上げます。上記タイトルシリーズは4回目、今回も動画付きです。コチラ↓※再生はPC専用です。

 松本市歴史の里は松本ICを降りて右手すぐ近くにあります。

ミシュラングリーンガイドにも選出された日本浮世絵博物館と位置的にもお隣、観光スポット的にも同様に人気を誇る当該施設。

 松本城二の丸御殿跡に建てられた【県宝 旧長野地方裁判所松本支部庁舎】が熱心な市民運動により現在地へ移転された「日本初!」の司法博物館です。

この貴重な博物館に「川島芳子」に関する様々な展示品が陳列された棟がございます。

今回、ご協力頂いたU氏からの詳細情報やリサーチ内容は後日改めてアップさせて頂きますが、本日は要注目のポイントをご紹介。

「学都」としても有名な今年の松本市は芸術文化祭50周年を迎えております。

その特別公演として11月15日(日)①13:30~及び②18:00~

「愛と哀しみの王女 川島芳子」特別公演がまつもと市民芸術館にて催されます。

チケットは8月上旬販売開始予定、松本市中央公民館  0263-32-1132  またはまつもと市民芸術館までお問い合わせ下さい。

さてこの展示室コーナーではなんと!

29歳の川島芳子が養父の古希をお祝いしている当時の当館小柳もご覧頂けます。

 川島家にご愛顧頂いていた当時の小柳に思わず見入ってしまいました。

当館にご宿泊予定の皆様、お越しの前に一度「松本市歴史の里」に立ち寄って激動の時代に思いを馳せてみる旅は如何でしょうか^-^

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.koyanagi.biz/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/366

コメントする

ウェブページ

  • archive
  • audio
  • docs
  • images
  • text
  • videos
Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、静保庵 小柳が2009年7月 1日 22:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日帰り入浴施設 湯々庵 枇杷の湯」です。

次のブログ記事は「外湯無料サービス ●湯々庵 枇杷の湯●」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。